So-net無料ブログ作成

Horさんとの関係

先日、お芝居稽古の現場でのHorさんの姿を見ていた演者さんが
「Horさんがちなっちゃんに話しかける姿が『ネエさん、聞いてくださいよぉ〜』みたいな感じで笑える」と言っていたけど、確かに・・最近Horさんは私の手下のように振る舞うのが板についてきたようです。いや、私は全然ボス面なんてしてるつもりはありません。
私がHorさんと出会ったのは、バンコクに来てすぐに通った語学学校で、同じ学校に通う学生として知り合いました。最初のころはバンコクの右も左も勝手もわからない私の案内役としても、タイ語の先生としても張り合いを感じていただろうHorさんでしたが、最近はHorさんよりも堂々とバンコクの夜道を闊歩し、タイ語の勉強もうっちゃってしまった私には、すっかり私の都合の良い相棒としての立場を築かせてしまったようで・・。相変わらず女々しいことを言っていて、その日芝居の稽古に欠席したGIgくんのことを「Gigはさ〜、きっと地方に遊びにいってるんだよー。Gigは友達たくさんいてさー、予定もいっぱいあるよねー」と暗に(僕はちゃんと今日来たよ)アピールしたり。ふーん(だから?)と気乗りのない返事をする私に「ちなっちゃん、นินทา(ニンター)って知ってる?」นินทาとは陰口とかうわさ話とかいう意味。「知ってる。女が好きなやつね」「フフフ、男だって好きな人は多いよ」・・ってだから何!?とまあ、そんな話をブツブツ話しかける姿がまさに「ネエさん〜」な姿なんだとか。
นินทา好きで(?)口も軽いHorさん。「コレ本人に言わないでね!」と言いながら、日本人の友達の行きつけのGOGO-Barやキャバクラの話をこっそり教えてきます。ある日はタイ語のメールを日本語に訳してくれ、と頼まれたプリントを握りしめ、「ああー、これ絶対ちなっちゃんに見せちゃいけないんだけどさー」と言いつつ「万が一訳が間違ってたらいけないから最終確認して欲しい」と見せられたのはキャバ嬢(と言っても日本でいう風俗嬢)から日本人観光客へのメール。どうやらもらったメールがタイ語が読めないから訳して欲しいと日本人に頼まれたらしい。Gigくんなどにも協力を得て訳したが、やっぱり不安で結局私に見せちゃうHorさん。・・しかしね!このキャバ嬢が書いたメールが私、全然解読できないんです。最初の一単語も読めないってどういうこと?!そんなに難しい内容なのか?と思ったら、見事な誤字脱字だらけのメールだったのです。よく見たらプリントの字の上にHorさんが正しい綴りでメール全文を書き直してるし。それくらいしないと読めない誤字だらけのメールってことなのね。(ちなみに私はHorさんの字は読めません。クセがありすぎ)タイ語には同じ発音で違う文字ってのもあるし、声調記号で迷う場面はよくある。話言葉独特の書き方もあるみたいだし、言い訳はたくさんありそうだけど、地方出身(ほぼ断定)のお水系女子の識字がこんなに危ういものとは・・ショックです。タイは地方格差があるなーと感じるのは地方出身者の知識の幼さです。マンションオーナーの若い運転手は「台湾と日本って違う国なの?」と言ってたし、お手伝いさんのワンさんは「娘が韓国人アイドルに夢中なの。だから日本語習いたいって」って言うから「なんで韓国語じゃないのよ?」と返したら「日本語と韓国語って変わらないんじゃないの?」っていう感じです。あれ?地方出身者どうのこうのというより世界では日本の認識ってこんなものってことか?どちらにせよ日本の常識ではありえない感覚です。
101029.jpg

バンコクでは女性が男性のような振る舞いをするトムと呼ばれる人たちとたまに遭遇します。
ナヨナヨしたタイ男子より、ちょっと強引で男らしく、一部の女子はそんなトムに引かれる人も多いようです。実際トムはモテる人が多く、恋人が何人もいたり・・。
Horさんにはトムのお姉さんが一人いるけど、恋人が切れたことないみたいだし。ほんっと、お姉さんに恋人を分けてもらえばいいのに。
そのトム姉さんには「兄さん」と呼ばないと怒られるそうだ。
「ホントは姉さんなのにね。兄さんって言えってさ、へへへ」だって。やっぱりนินทาが好きなHorさんなのでした。

公演迫る

前回の更新からもうあっと言う間に1ヶ月。
最近のバンコクは雨期の終わりかけ。日本みたいなしとしと雨が降る日が続き、涼しくて助かる一方、年中夏といいつつもタイにとっては今が季節の変わり目であり、体調を崩すタイ人も多いのです。と人ごとのように言っていますが、今、私も体調不良です。天気が悪い日が続いて体調を崩すなんてタイ人みたいだ・・。Horさんは雨の中傘をささずに風邪をひいたらしい。てかタイ人が風邪ひく理由ってこれが第一位じゃないの?雨で服を濡らして、クーラーがんがんの室内で過ごす、これが原因。
私の風邪はたぶん遊び過ぎ、飲み過ぎ・・飲み過ぎた夜裸でクーラーの中寝てしまった翌日から体調が悪い。風邪ひくのは当たり前か。
この一ヶ月の間、私には珍しく来客が二人。二人とも3泊ずつ家に滞在してもらい、一緒に食う、飲む、遊ぶの濃厚で楽しい時間であっという間でした。幸い二人とも猫好きで、うちの猫二匹もずいぶんかわいがってもらったようで、客がいない今はなんとなーく猫たちも退屈そうです。

ここに居ると人の出会いと別れが多い日々です。
以前にも書いたソムちゃん(過去日記参考)は、あれから本当にM氏と入籍し、なんと日本にお嫁に行ってしまいました。結婚式は残念ながら私の都合で参加できなかったんだけど、Horさんはちゃんと出席してました。今頃ソムちゃんはM氏の両親と同居して初めての日本の暮らし頑張ってることでしょう。
そしてこちらも以前に書いたH&Mカップル(過去日記参考)は今月入籍して、年末、改めてバンコクに引っ越ししてくるとか!
結婚して去ったり、再来したり、いろんな人生の門出を垣間みます。
私がバンコクに居る間にはHorさんの結婚を是非見届けたいのですが、、どうでしょうかねえ。
せめて彼女くらいあてがわないと後ろ髪引かれるわ〜。
101019.jpg

そんなHorさんは今、人生初めての舞台(!?)に向けて準備中。
私がチラシ絵を担当したお芝居でシーロー運転手役をするHorさん。ちなみにイタリアンレストランのウエイター役に Gigくん。
Horさんはその不器用さゆえのビミョーな間、表情、ぎこちなさがいい持ち味で、素晴らしい存在感を放っています。脚本演出出演をする友人も「Horくんいいキャラだわ〜。ぜひうちの劇団員に!」というほどだけど、当の本人は「人にとっては簡単な演技なんだろうけど、僕は下手で全然できなくて情けないよ・・」と自分の持ち味がサッパリ理解できてない模様。
Gigくんは何をやらせても的確な判断と理解力で余裕という様子。Horさんに演技指導やダメ出しまでし出しちゃって、お前はマネージャーか演出家か?というほどのしゃしゃり出っぷりも笑えます。

あ! ちなみにこちらの公演、予約チケットが全部売り切れて、二日目追加公演まですることに。
なんだかんだ言ってバンコクの日本人社会は世間が狭いということを思い知らされました。
初めての公演が満員御礼って・・外国だと日本人の娯楽ってやっぱり限られてるんだなあ、と。
そしてタイ人出演者の二人は土曜日の出演が無事間に合うかどうかが一番の心配。
だって、土曜日はいつもどおりに仕事に行くって言うんだもの。しかもタイ人って直前じゃないと上司に言わないのね。。(どうせ前々から言っていたって誰も覚えてないんだろ)しかも当日に体調不良とか嘘言って抜け出したりするのかも・・? 演技云々よりもちゃんと当日仕事抜け出せるかどうかが一番の問題なんてチケット買ってくれた日本人たちは思いもよらないでしょうなあ。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。