So-net無料ブログ作成

日本でテレビラジオ

バンコクに居ながら日本のテレビ雑誌を定期購読してたり、ラジオのポッドキャストを聞いているので、実は東京の暮らしをさほど変わらない日々を送ってきた約1年半。結局私の生活はどこにいても日本のラジオとテレビの情報で「いつも通りの生活」が出来上がるなあ。

実家に帰ってTBSラジオを久々に正規な手段(安住氏でいう私はリアル不正組・・)で聴く。うちの家族はみんなラジオ好きなので、風呂場にまで防水ラジオを常備しているという徹底ラジオ家族。両親は最近NHK第一放送(特にラジオ深夜便)を聴くことが多いらしく、時間帯によってTBSとNHKの半々。私は未だほぼTBSです。
いつもならラジオを聞かない時間帯に風呂に入り、ラジオを聞いていると、声優のやっているラジオ番組とバッティング。その番組の中で流れてきた曲が「ネコジャンプ」(タイ人双子ユニットアイドル)の歌。日本で風呂に入りながら思いがけず入ってきたタイ語の曲になんかドキリ。
100526.jpg

が、もっと驚かされたのはたまたま見ていたNHK総合の「東京カワイイTV」に突如現れたポンパン先生(タイ語に触れたことがある人にとっては有名。日本人ハーフのタイ語教師、タイ語学校経営者)!!番組内でモテるスタイリングの講習会(その名も「男の婚活塾」!)を紹介していて、そこに来ていた客の一人としてインタビューされていたのだ。「(レザーを身につけるというのが)狩人(かるびと)っていうのがいいですよね!」って・・思いっきり日本語間違ってるのにそのまま使われてる! いろんな意味で衝撃でした。バンコクに住んでなかったらネコジャンプもポンパン氏も全然知らないまま流してただろうなー、、と思うと感慨深いです。

日曜天国でもキラ☆キラでも散々いじられまくっていた「anan」、伊集院光が連載を始めた「DIME」を空港のTSUTAYAで購入。
こんな瞬間に一番「ああ、今私、日本にいるわ!!」と実感します。

収束と帰国

バンコクに戻ってきました〜。あっさり。
結局、日本に帰らねばならない、との命令が下され、とりあえずタイを出て、実家でゴロゴロしていました。私がタイを出るときにはもう鎮火していたので「なぜ今更?」的な空気を背中に感じながらでしたが。
でも、命令で帰るゆえ、命令がないとまたバンコクに戻れない、となると長引くことも考えて・・ということで仕事道具一式をトランクに詰め込むことに。Macのノートパソコン、スキャナ、ペンタブレット、外付けHDを詰め込むとまあまあな重さに。預け荷物の重量制限は20キロとあるけど、22〜23キロでも見逃してくれるのが普通なのかな? ありがたいことにそれくらいは毎回スルーしてもらえています。
結局、帰りの許しはアッサリ週明け月曜日に下ることに。なあんだー、帰らなくてもよかったんじゃーん!とは思うけど、今回の帰国は駐妻の数少ないお勤めということで・・文句は言うまい。
帰りは人づての情報によりタイ人には「歌舞伎揚げ」とか「ハッピーターン」など甘くてしょっぱい系のお菓子がウケ良し、とのことで、そこらへんのお菓子を中心に持ち帰ってきました。
前回はブルボンのバームロール、ルマンド、エリーゼという昔でいう憧れおやつの定番を買って行ったけど、どれも受けがよろしかったわ。
ちなみに日本のチョコレートはテッパン!と聞かされているけど、暑い国なので、あまり持ち帰る気になれないんだけど。
20キロの関門を過ぎたら、後は免税店でいわゆる日本の名菓を重量を気にせず買う。「ひよこ」「東京バナナ」ヨックモックのシガール、おたべの生八つ橋、レーズンバタークッキー・・それぞれ2〜3箱ずつごっそり購入。うーん、何たる贅沢!名菓の大人買い、出国審査を終えると金銭感覚もあやふやになってきて麻痺した感覚でゴッソリ買い込む爽快さ! 誰が食べても美味!日本の菓子の味は世界一って覚えておけよ!!と外国人に叩き込むのであります。
ちなみに自分への土産は亀田の「サラダせんぺい」とカルビーの「ジャガビー」です。
100525.jpg

まあ今回の騒動は私にとっては住んでいる国だか日本から見た外国だかもよくわからなかった。
だって、危険だって言われている場所なんて行かないし、うちが停電するような近さでもなく、結局テレビの中のコトが「けっこう近くね?」くらいで、いよいよってなると「なんか最近やたら不便だなー」てなもんで・・危機意識が低いのか?危機とか以前に意識が低いのか。
それに引き換え近所に住む奥様方の正確かつドラマチックなブログの情報のほうがリアリティ溢れてて、この数日間の私は他人駐妻ブログを見て日々一喜一憂するような感じでした。
そして、デモが終結してからブログには揃って「私ってこんなにタイのことを好きだったんだ!」という締めくくりにハタと我に返る私。「・・うわーなんか冷めるわー」と。あまりにも優等生すぎるブログも読者を萎えさせるね。

状況悪化

うーん・・昨日、目覚めると外は雨。なんとなーく暗い朝を迎えたデモの影響による臨時公休日であります。
UDDデモに関するニュースは主にwebからが多いのですが、その中でも優良なサイトは駐妻によるサイト。なんといっても情報収集力が素晴らしい。日本の家族知人との連絡も密、バンコク市内の奥様ネットワークも強く、旦那の会社との関わりもあって個人と法人両方からの情報が入ってくる。しかも最近の奥様たちは写真が上手なので、下手なニュースサイトを見るより現状がわかりやすい。もちろん報道カメラマンじゃないから危険区域内の写真はないけど、普段の生活から見えるデモの様子なので、在住社にとっては同じ目線からの報道がありがたい。さらにタイ語ペラペラ奥さんに至っては現地タイ人の優秀な運転手だったりお手伝いさんだったりの情報網も駆使して密度の濃い情報をブログにアップしてくれている。さらに自宅にいる時間が増えている今、ネットにつなぐ時間が多いとみえて、更新がマメな奥様ブログも多いので、詳しいデモ情報は「バンコク・駐妻・ブログ」あたりの検索ワードで捜すのもアリですよ。
んで、このサイトもそうじゃねえのか?って言われそうですが、私には駐妻友というのが皆無に近く・・心もとないことこの上無し。
ちなみに昨日ははGigくんから「外に出ないようにね!」と安全確認の電話をもらいました。
昼間は友人とその彼氏(タイ人)と会ったけど、彼氏は「まるでタイじゃないみたい・・」と私たちと一緒にボー然とテレビのニュースを見るだけで、タイ人ならではの情報があるわけではなく。誰もが先の見えない状況に陥っているわけです。

もうこれ以上のことがあると強制帰国の可能性も・・という話にもなってきて「心の準備を」なんて言われたけれど、心の準備云々の前にナノとピコどうすんだ!と居ても立ってもおられず、とりあえずペット病院へ。
掛かり付けの先生がおらず、「日本帰国の準備について聞きたいんですけど」と受付で言うと「日本帰国に詳しい先生がいるから、その先生と話してみて。日本語も少し出来るのよ」というわけで対面した先生はクリスタル・ケイに似た(肌の色からも黒人とのハーフかも)迫力のある先生。いかにも優秀オーラがでていて、白衣に黒いハイヒール、化粧バッチリ、なんだか完璧な雰囲気。
100518.gif

結局今から準備しても猫と帰国するには8ヶ月は要するということで、急に帰国となったら私一人で帰るしかないのはよくわかった(薄々わかっていたけどさ)。とりあえずIDチップを入れるだけ明日してもらうことに。でもこの先生、なんか自信に溢れすぎてて怖い・・「アジャリー先生(いつもの掛かり付け医)が居るときは彼女に相談したほうがいいんですかね?」と尋ねると「ハ?帰国の準備については私がエキスパートなの!他の病気についてはその先生に言えばいいでしょ!」的な強気な対応にますます「は、はあ〜・・」と言うしかないのでした。
動物検疫についてはなんだかいろいろあって・・調べたり聞いたりしなくてはいけないことがたくさん。。病院側に血液検査などの手続きを任せてしまうと1匹あたり1万6000B、と有無を言わさず告げられたけど、そういうのを自分でやったら5000Bくらいでできるという日本人からの情報も。うーん、1/3の金額なら自分でやるしかあるまい! しかしまあまだ帰国が決まったわけではない。でも、いつかはナノとピコは海外に出るのだ。
そして、昨日からフィットネスもクローズ。この調子じゃ学校もどうなることやら。危険を感じるような生活ではないけれど、予定が立たぬ日々はストレスたまるわ。

バンコクに戻っています

結局日本でブログ更新なんて夢のまた夢・・月2の更新が精一杯です。
日本では体調不良で微熱のまま大半を過ごしました。
寿司屋に行きたかったけど、そんな時間も気力もなく戻ってきてしまったのが悔やまれる・・
が、久しぶりにみんなに会えて嬉しかったです!!お天気にも恵まれて、微熱も手伝いなんだか長い夢を見ていたかのようなふわふわした気分で過ごした約1週間でした。

さて、前回の日記で書きたかったのが、タイ人友人から頼まれた日本の土産品。
日本に帰る3週間前から「日本で買って来て欲しいものってあるー?」と聞いて回って得られた数々の回答。
まず
・アジェー(Horさん姉 37歳):冷蔵庫に貼付けるマグネット
コレ、一番難しくって、最終日の東急ハンズでギリギリゲット。今さらこんなモノ必要になることないもんで。しかも、意外に高い値段にもビックリ。というか選択肢が少ない。「強力マグネット!」みたいな高品質のものしかない。やっぱり今さらマグネットを買い求める日本人は少ないんだろうなあ。
あとはアジェーが好きな七味唐辛子を100均で買って渡しました。
・Gigくん(29歳);ガッキー(新垣結衣)のDVD
コチラ、日本のDVDがタイのプレイヤーで再生できるというわけではないので、予めネットから写真集を買って実家に届けておいた。新垣結衣写真集「まっしろ」。
今回、本当に時間がなくてビックカメラさえもいけず、DVD売り場すら覗けず。写真集を買っておいたのは正解であった!その代わりっちゃあなんだけど、友人かおるがHDDに録っていた新垣結衣出演ドラマ「コードブルー2」をコピーしてもらい(感謝!!)、それも贈呈。
バンコクに帰ってから一緒に写真集鑑賞。とーーーっても喜んでくれていて、私も嬉しい限り。お土産と一緒に写真撮っていい?と聞くと、写真集にキスするジェスチャーまでしてノリノリでした。
・Horさん(31歳):いろいろあーだこーだと言っときながら「ちなっちゃんに迷惑かけるから要らない」
・・まあ、こーゆーめんどくさい男ですよ、Horさんという人は・・。
結局、彼の誕生日が近いのでウエストバッグを購入して、今度誕生日にでも渡そうと思っています。
・マンションのトゥクトゥク運転手(38歳):日本に行ったことないし、何があるかわかんないっす!
これは彼なりの遠慮の言葉。
・そのトゥクトゥク運転手の奥さん(40歳):オクサン(私のこと)が無事戻って来てくれればいいですから!
出来る家政婦だけあって遠慮深く心を打つお言葉であります。
キレイな長い髪をする彼女には雑誌の付録でついていたシュシュをプレゼント。
・うちのパートお手伝いさん、ワンさん(37歳):日焼け止めクリーム
普段から化粧もしないし、日焼け対策もせず、家族旅行でさらに黒くなった肌に「焼けちゃった〜」と気にしているわりになにもしてないタイ人は多いもの。
マツキヨで買った強力日焼け止めに100均で買った化粧水とパウダーをセットにしてあげた。
娘がいるので、帰りの成田で買った雑誌に付いてた付録のバッグも。
最近の雑誌付録は品質も良くて使えるものが多くていいね〜。
その他・・
タイ語学校の先生たちは動物が好きなので、渋谷の大中で買った猫のぬいぐるみキーホルダーをあげたら大喜び!ちなみに先生たち53歳です。
そして基本的に日本のお菓子は必須!
というわけで、最後の成田空港では全国の名菓を適当に買って、マンションの人達、タイ語学校の先生、もちろんHorさんたちにも、、とお菓子はいくらあってもあげる相手には困りません。
ぎゅうぎゅうに詰め込んで帰ったお土産が全ての人に行き渡り、今やっとほっとしています。

そして、戻ってきてからのバンコク。
特に昨日今日のニュースはきっと物騒なことになっているのでしょうなあ。
100516.gif

住んでいるものにとっては全てがもう日常です。
私が行っているフィットネスはデモで閉鎖されている地域にあるビル内にも支店をもっており、その支店の会員になっている人たちが、いつも私が行っているほうの本店ビルに通ってきています。
そしてその支店でしか開かれていないオリジナルヨガ(ビクラムヨガ)クラスも本店ビルで特別に開かれることに。
今まで行く機会のなかったクラスだったので、興味本位で一度行ってみました。
普通のホットヨガクラスとの住み分けができているようで、クラスに入ると明かに違う雰囲気。
海ですら水着にならないタイ人がビキニ同然のウエアになって、男性に至ってはほぼ裸という人がほとんど。登場した先生もつるつるに脱毛した肌とピンクの乳首にビキニパンツ一丁という出で立ち。
初めてオリジナルヨガに触れた本店会員には「ビクラムヨガっていうかビキニヨガだよね!」と言われているとか。

今もまだデモがいつまで続くかまだ分からない状況。駅も閉まって電車も利用できないため、本店ビルも早めに閉店してしまった今日。いよいよ私の生活圏にも影響し始めて来ている模様です。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。