So-net無料ブログ作成
検索選択

今晩帰国します〜

いよいよ!今晩の飛行機で帰国です。1年4ヶ月。帰りたいとは思ってなくても、いざ帰るとなると感無量〜。うーん、テンション上がるわ〜〜!!

さて、今日のお昼は最寄り駅前の野外食堂にあるカオマンガイ(チキンライス)でした。
ここのお兄ちゃんがもー、とってもカワイイんです。微妙に私のことも客として覚えていてくれてるみたいで、その接客の笑顔がまたサワヤカ〜・・細い目をさらに細めて・・たまらんわ〜。
そして今日のカオマンガイの美しいこと!まるでガイドブックに載っててもおかしくないような見事な盛りっぷりのお皿がでてきて感激!鶏の脂身もしっかり載ったボリュームたっぷりのお皿です。
人によっては「脂身抜きで!」とか「脂身いれてね」など注文するのもアリらしいのですが、毎回店主にお任せの私は鶏の部位はそのときのタイミングでいろいろ。脂身の全くない日もあれば、今日みたいな日も。(私は基本的に脂身は好き!)これって店主の客を認めたバロメーターにもなってるかも?ということは私はすっかり常連の仲間入りになったってことかしら?
ということでこれまたテンションアップな昼食になったのでした。
100428.gif


さて、いよいよ時間が迫ってきました。
というところで友人から電話・・!アソークの道路封鎖!?
空港までの道のりがちょっと不安かも・・
このつづきは日本で書くことにします。
では行ってきます。

最強KYパワー

今、飼い猫のナノとピコは避妊手術を終え、こんな状態です↓
100420.jpg

いつも元気に遊んでいる二匹ですが、こうなってしまうとお互いじゃれ合うこともできず、毎日ヨロヨロと鬱々と過ごしていて、本当にこっちまで憂鬱になってしまうほど。もう少しの辛抱です。
通っているペット病院は時間によっては日本人通訳もいる高級クリニック。でも、タイミングも悪いし、ほとんどタイ語で(英語もわかんないし)いろいろ説明されています。
先週の日曜日、HorさんとGigくんとラプラオにあるデパートが今UDDのデモで閉鎖中のデパートから流れた品物の大売り出しセールしてるんだよー!とGigくんに誘われて(タイ人もお気楽なもんですな!)ダラダラと過ごしていたら、ワー!動物病院に予約が入っている時間だ!! 焦る私に気を使うHorさん。急いで向うタクシーの中で「時間あるなら一緒に病物病院行く?」と問うと「行ってもいいなら行く」というので通訳にも使えるかも?という期待もしつつ一緒に行くことに。
 さて、ブログを続けている中でHorさんは常連キャラというか1年前くらいから仲良くしている友達なんですが、ちゃんと説明していなかったと思います。なんというかこのHorさん、なんとも説明しにくいタイ人でして・・一言で言うと・・ズバリ!空気が読めないキャラ、と言ってしまうのがいいのでしょうかね。
ガンガン他人(国籍問わず)に声かける気さくなキャラかと思いきや変に控えめで遠慮深いなところがあったりしてまあ仲良くなってしまった今となっては憎めない奴なのですが、今でもよく「Horさん、空気!空気〜読んで〜!」と心の中でストップを掛けてる場面が実に多い、早く言えばめんどくさい男なのです。でも、ビックリするほど誠実なところがあって、暴言を吐いて傷つけるとこっちが反省せざるを得ない、というしっぺ返しがあるんで、彼のめんどくさいことは全て受け入れているつもりです。 
それにしてもベット病院でのHorさんも相変わらずでした。
着くなり病院の受付嬢に「この病院、何時までやってるんですか?」と聞くHorさん。「24時間です」と答えられると「フフフ、24時間だって!セブンイレブンといっしょだね〜!」エリザベスカラーを付けて小さいカゴに入れられ、ストレスフルな猫に夢中な私に冗談を言ったつもりだったらしいが・・うーむ、それ今いうコト?

いざ診察室に入って「今日は友達連れてきました」という私に先生も(きっと通訳代わりに連れて来たタイ人ね)と認識され、タイ語でいろいろ説明する先生の解説をここぞとばかりにタイ語で(結局タイ語!)で私に説明するHorさんに、先生は「もーーー!!ちがーーーーうわよ(怒)!!」とあなた邪魔!!と言わんばかりに怒られる始末・・

猫が奇声を上げ、ばたつく手足を私とアシスタントとで押さえつけ、いざ、先生が手術部の脱脂綿を取って消毒するという一番緊迫する場面ではHorさん一人クッキーをボリボリポリ・・た、頼む!私以外の人がいるところでは少しは空気読んでくれ!!あとなんで診察室の中にクッキー持ち込んでるワケ!?

最近うちの猫が脂肪がつきすぎているから気をつけて、と先生が説明している途中でHorさん
「でもぉー、動物が太っているってことはーいいことですよねー?先生〜?」
「ダメに決まってるでしょ!!」(ビシャリ!)
もー、連れて来てすみません!!という気持ちでいっぱいの反面、笑いを堪えるのが大変でした。

最後にアシスタントから薬の説明を託されたHorさん。・・が、私のほうがHorさんの言っている意味が理解できず、結局私が直接先生に聞いたほうが早かった、という最後の最後までガッカリな結果に。
会計時には「何のためについて来た人?」と問う空気が院内中にヒシヒシと・・が、多分当の本人は分かってないと思うので問題無しでしょう!


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。