So-net無料ブログ作成
検索選択

バンコクの舌

ええっと、今日は何を書こう・・なんだか最近は忙しくないけど書きとめておきたいことがちょこちょこある。
この前の日曜日はパタヤから戻ってきたHorさんと、Gigくん、Horさんの日本語クラスのクラスメイトミーさん(ミーはタイ語でクマなので、クマちゃんって感じ?)、Gigくんの日本語専門学校時代の後輩ワンさん(日本留学から戻って来たばかりの日本語ペラペラ女子)とにぎやかな再会の日となりました。
ワンさんとは初めて会ったんだけど、その無愛想な感じ、その口調キツめのつっけんどんな返し、メガネと髪の長さといい「ちなっちゃんに似てるよね!」と言われたけど、本人である私もまんざら否定もできない似た感じを醸し出す25歳。
しかし、私と大きく違うところ、彼女はいわゆるオタク系。日本のアニメ漫画、ライトノベル(日本語で読めちゃう!)を好み、今となっては彼女の日本語勉強教材というよりはすっかり趣味になっている模様。
漫画が大好きな人って自分で擬音を表現する人が多くないですか? たとえばがショックを受けた時の「ガーン!」とかはみんな普通に言うけど、人を叩く振りをするときの「ペシ!ペシ!」とか口に出していうアレ。日本人だけなのかなーと思ってたけど、ワンさんはGigくんとじゃれ合う(?)ときに叩く振りをしながら「バシバシ!」と口で擬音を言うんだよね。漫画好きじゃなくても使うのかなあ、、私はあまりこーゆう表現を自分で使わないのですっごく気になるんですが。「わー、漫画好きの人特有のアレだー」とか思ってしまいます。やっぱオタク系って世界共通で擬音を自分で口にだしちゃう癖とかあるのかなあ。
そんで、そのワンさんに質問されたこと。漫画の中の表現だったようですが、「自分の年齢と彼女いない歴が同じ男性のことをなんて言うんでしたっけ?」と言われたんですが・・そんな日本語あるか?「童貞としか思いつかないんだけど。。」と言ったけど「ちがーう!」とのこと。その漫画家さん特有の表現だったのでは、としか答えられなかった。知っている人がいれば教えてください。
100224.jpg

話は変わって、食べ物の話。バンコクに住んで1年とちょっと。自分の舌がバンコクっぽくなってきたように感じます。来たばかりのころ「ここのイタリアン、美味しいんだよ」と連れて行ってもらったレストランでも「このイタリアンが美味しいだと!?こんなレベルで美味しいとか言っちゃうなんて悲しすぎる!!何年ここにいてもこれを美味いと思う舌にはなりたくないもんだぜ!」と思っていたレストランが今では「マジ美味しい!!好き!!」と本気で思っているあたり・・私の恵比寿で培ってきたおハイソな舌はすっかりバンコク舌に変化を遂げてしまっているようです。
(話は逸れますが、タイ語でもハイソーのことは「ハイソー(金もち〜♪)」と日本語と同じ。んでもって、その反対は「ローソー(貧乏)」と言うのです。ローはもちろんhighの反対のlowです。)
話を戻しまして、回転タイスキ店、シャブシ。食材の品質もあんまり良くないし、美味しさも別に・・衛生面までなんだかいろいろ気になって「もう2度と食べには行かないわね。。今回は物見遊山としていい経験になったワ」と内心思っていたここでさえも、Horさんに誘われ断れず何度か食べているうちに今では「アリだな、コレ」という心境に変わってタイ人友人たちが集えば行く定番ランチになってきている。アジェーが大好きなMK(タイスキチェーン店)もHorさんが「もう飽きるよ・・」というほど食べに連れてってもらっているけど「野菜がたくさん食べられて美味しいし、また行こう!」というほどタイスキに前向きな身体に。
どうしたんだ、私!!
わかりやすいのはココナツミルク系のお菓子が大の苦手だった私が、今では自ら食後のデザートに餅米にたっぷりココナツミルクがかかったデザートを注文しているということ。
そのうち屋台の虫の佃煮とかも美味しいとか言うようになるのだろうか・・いや、バンコク人の友人は「虫は食べない!」と言っているので、そこまでは・・とは思っているけど。

年末の市場

今回の日記、本当は13日に一度書いたんですが、書き終わるころにブラウザが落ちてしまい、書いた日記は全て消えちゃった・・あ〜すっかりテンション落ちてしまいました。
でも絵は書いたので思い出しながら書きます。
そういえば、前回の日記で駐妻にあまり会ってない、ようなことを書きましたが、改めて思えば今年に入って2回しか駐妻と会ってない・・これはちょっとヤバい。駐妻さんが書いているブログを読むと(直の接触ができないくせにブログは覗くネクラな趣味はあるんですわ、私)毎日毎日習い事(ゴルフ語学料理、と多種多様な習い事を掛け持ちが当たり前)にでかけて、奥さん友達とランチして情報交換してる生活がつづられていて、つくづく羨ましい、てか私、何やってんだろ?と思うことも。もう少し人と接触しないと・・と焦りを感じます。仕事が一段落してフと我に返った今週です。都会って自分から頑張らないとコニュニケーションとれないのよね・・悲しいわ。

さて、気を取り直して、先週末のこと。
14日の日曜は中国正月でした。前々日の金曜日は何故かHorさんがパタヤから戻って来て「アジェーと一緒にMK(タイスキ)行かない?」とのことなので、行ってきました。
「この後クロントゥーイ市場にお遣いしに行くんだけど、、、汚いからちなっちゃんにはお薦めできないけど、行く?」とのお誘いもあり、良い機会とばかりに夜のローカルな市場に行ってきました。
Horさんちに寄ると親戚とか来ていて、食材がいつもより多く積まれ、神棚の周りもにぎやか。
中国正月って日本で言うお盆みたいな風習なんだとか。親戚が集まって、ご先祖様にお供えして、みんなでお祈りする。んで、アジェーが見せてくれたのがお供え物の一つに透明フィルムで中が見える紙の箱。その中には金の延べ棒、ネックレス携帯・・など貴金属と高級品と言われる物のおもちゃが。いかにも女の子が喜びそうなおままごとセット・・これお供えしてどうすんのさ?「ご先祖様が天国でお金に困らないように」なんだって。んじゃ何?この携帯も天国で使うわけ?「使えるよ!!」とアジェー。どこまで本気で言ってるかわかんないんだけど・・タイ人の考える死後の世界って単純ー!つか楽しそうだね。おもちゃをお供えして天国では使えちゃうんなんて、子供銀行の世界じゃん。そういえば、お札を模したおもちゃのお札(お金の単位も描かれたイラストも大きさも様々で種類が豊富でカラフル!)もお供えするために売られてるんです。市場に行ったときHorさんがおもちゃお札の売り物の山を前にして「どの札がいいかなー、やっぱりドルかな?ドルがいいよね!」なんて選んでいたけど、こんなに偽札を供えられてあの世の秩序はどうなってんだ、、と少し心配になっちゃうよ。
100213.jpg

さて、夜の市場は正月が近い週末とあって、いつもよりにぎやか。言うなれば年の瀬の上野アメ横みたいな感じなんでしょう。夜更け近いというのに豚の解体を始めたり、カノムフーと呼ばれる中国正月ならではのお菓子も夜通し生産中。Horさんの買い物リストは鶏肉6キロ、豚肉5キロ、ションプー20個・・とかその種類も量もガッツリ。カノムフーは私への手みやげ用に5個を足して、全部で75個(20個+20個+30個+5個)と段ボールと袋に入れるように指示して詰めてもらう。となるといよいよ買ったものを持ち歩きながら買い物はできないので「おばあちゃん(カノムフーのカゴに紙を詰めてる)と話しながらココで待ってて!」てなもんで、タイ語が未熟な日本人を勝手に任せられても、なおばあちゃんの仕事を邪魔しないように隣で荷物番係をする私。
気持ちいいほどの量の物を買い込んで、そのままトゥクトゥクに積んで、お遣い先のHorさんのボス(社長)の家まで送り届けたのは23時過ぎ。私は別になにを手伝ったわけじゃないんだけど、活気と荷物の量でクタクタになった初めての夜の市場でした。
ちなみに値段が交渉制のトゥクトゥクは正月の稼ぎ時と言わんばかりの値段(市場からソイ11まで100B)を80Bに値切って送ってもらいました。観光以外で使うのは初めてだったけど、こう考える観光客もタイ人も値段はあまり変わらないかも。むしろ正月気分のタイ人の方が払いっぷりがいいかもね。
ちなみにHorさんは翌朝またパタヤへ戻ったみたい。
早く戻って来ないかな〜。そろそろ私も暇だわ。

旅する女は美しい!?

このタイトル、DomaniやFRaUみたいな婦人誌で使い古されてそうなフレーズですが・・
改めて思う!バンコクに旅しにくる女性の美しく若いこと!
ここに暮し始める前に持っていた駐妻のイメージは「美しい人妻」と勝手に想像していたのですが・・実際来てみると意外とみなさんフツーじゃん。。もちろんお美しい人もいるんでしょうが、全体的になんか薄ーい!という印象です。(美人であっても印象に残らないってそれって意味ないよなー)

なぜか私は駐妻よりも日本から来る日本人旅行者と会う機会のほうが多いような気がする今日この頃。
バンコクに暮らす日本人の中には1年中ひっきりなしに日本から知り合いが訪れ、観光アテンドに忙しくしている人も少なくありません。しかし、私はなぜか友人が日本から全然来ない。というわけで私が会うのはバンコクでの友達の日本から来たお友達、というわけになります。つまり友達の友達だ。
友達とともに日本からのお客様をアテンド(というより私は観光客として遊んでもらっている)する機会も今までに何度かあり、ここぞとばかりに観光に便乗するのであります。
が、私の友達っていうのがHorさんだったりするので・・Horさんの日本人友と酒飲みアテンドというのもあったり。
この前は、今パタヤで働いているHorさんから「今度ノリさん(Horさんの日本人友)がバンコクに来るっていうんだけど、ボクはパタヤにいるから会えないんだ、ちなっちゃん、代わりに会ってくれない?」なんていうお願いも簡単に引き受けちゃう暇人、私。
日本人観光客と言っても毎年2〜3回バンコクに来る人も多いので、「あ、どもまた会いましたね」なんて日本にいる家族よりも簡単に会えるんです。別れ際も「んじゃつぎGWに〜」なんて下手すりゃ東京に暮しながら都内の友達と会うより定期的に会う人になってたりします。
そーゆー中には稀に女性旅行者もちらほら。で、タイトルに戻りますが、そーゆー人達が本当にエネルギッシュで美しいのだ! 女40代、子供旦那は日本に置いて自由気ままな旅。それだけでも充分魅力に溢れた人柄を想像させます。でもみなさん、見た目が・・実にお若いのなんのって・・その秘訣は一体ナニ!? 「ピル飲んでると肌がキレイになるの。ホラ、女性ホルモン的に〜・・ウフフ♪」ときたもんで、きっと素敵な恋愛もされてるのでしょーなー。タイではピルも破格の値段で売られてるので、ここで買いだめする人も多そうです。
100204.gif

んで、先日、日本から来たお客様とパタヤへ〜〜〜。
女4人でタクシーもスピードボートもチャーターよ! 夜はもちろんゴーゴーストリートへ!!
仕事を早引きして合流したHorさんに「男が好きな振りすんのよ!!」と念を押してゴーゴーボーイへ入ったが、意外や意外、男性(ゲイ)の客が大半だったよ・・そんな白人の街、パタヤであります。Horさんはもちろん初ゴーゴーボーイ。「みんなイサーン(東北地方)出身だ・・」氷を使うショーを見て「冷たそ・・」と実況中継くらいの感想しかなくテンションだだ下がりでした。そりゃそうだよな。。
その後は気を取り直してゴーゴーガールへー。私たちが入ったところ、すごく良かったです!ショーが素晴らしく楽しめるこのお店は女性客も安心な雰囲気で、盛り上がってました。Horさんも「バンコクより女の子がキレイ!!」とのことなので、バンコクから車で2時間、パタヤのゴーゴーお薦めします。 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。