So-net無料ブログ作成
検索選択

勉強の達人

一昨日、月曜の私のスケジュール。
朝9時〜12時まで学校。
その後クラスメイトのSちゃんに「この後、一緒に勉強しません?あそこのスタバ、すごい集中できるんです♪」と誘われ、近所のランスワンのスターバックスへ。ちなみにここのスタバ、一軒家の平屋で広々とした空間でかなり居心地が良い長居に最適な空間。んで、そのまま3時くらいまで宿題など。
その後、夕方6時から元クラスメイトのRさんと勉強。こちらもRさんからのお誘いで、先月の授業の復習をしたいから、とのことでRさん宅へ。同じ学校のテキストを開いて復習。
そのまま夜9時半くらいまでお邪魔してました。
見よ、この勉強漬けの一日・・・!!
しかも一緒に勉強しない?ってわざわざクラスでも一番劣等生の私を誘ってお勉強するメリットって・・。結局一緒に勉強しても私が教えてもらうばかりなんだけど。
とにかく、みんな勉強熱心です。単身でタイに来て、現地採用でバイトをしながら、タイ人と恋愛して、生活をする。同じ語学を学べど、タイ語に触れる機会も心意気も違う。今習ったことは、1分後には日常でアウトプットしていくこのスピード感。気づけばそんな語学エリート達に囲まれて勉強しています。
今思うのは語学って現地に住んでいれば自然と身に付くと思っていたのは大間違いだったということ。こんなに現地の人とふれあっている人たちでも、というかそういう環境にいる人ほどちゃんと机の上でも勉強しています。それよか、タイ人と6年も付き合っていた経験をもってしても、今もなお勉強をしているSちゃん。タイ人とタイ語で恋愛していても語学が身に付くわけではないのか?それとも単に勉強好き? とにもかくにも語学の習得は努力無くしてはモノにできないということを痛感しています。
・・一方私はタイ語を使う相手がいないので、「授業についていくためのタイ語の勉強」で終っていくので身に付かないという現状です。

091028.gif


イラストは、この前Rさんちに来たお仕立て屋さん。「オクサン」ていう日本語以外は全部タイ語なんだけど・・Rさんは奥さんではありません。
今回、自宅にある毛布にカバーをつくりたいというRさん。というのもタイ人は毛布を使う人がほとんどいなければ、ましてや毛布にカバーをするという概念もないとのこと。庶民スーパーで毛布を200Bで買ったのに、高級スーパーで売っていた唯一の毛布カバーは3000Bだったとか・・。
そこで思いついたのはお仕立て。どうやら仕立て料も400Bほどだとか。特急で1週間仕上がり。もちろん自宅までの出張料込み。
「この毛布のカバーをお願いね」と、いざ仕立ての依頼。
が、毛布にあったタグの寸法どおりに布を買って来たら、布のサイズが全然足りていない!
そもそも毛布の表示がハナから違うというオチなのでありました・・

よく服なんかのお仕立てをする日本人(やはり奥さんと呼ばれる人?)もいるみたいだけど、服なんかは手元にある自分の服をそのままコピーさせるのが一番楽で一般的のよう。
私がお仕立てを頼むような機会は来るか?!

本帰国

昨日の午後1時の便でH&Mカップル(単身来タイの日本人カップル)が日本に帰国しました。
1ヶ月前にはアパートを引き払って、そのまま北部への旅行をし、帰る前の1週間はHorさん宅で居候していた。北部の旅では、私も一時合流させてもらったりして、知り合って半年くらいでしたが、Horさんを通して仲良くさせてもらっていたカップルだけに寂しいものです。
Horさんと言えば、二人を自宅に迎えるにあたって、ちょっとテンションが壊れ気味・・?というほど二人のお世話に夢中になっていたようだ。
飼い始めたペットが気になってしょうがないといわんばかりに、仕事も遅刻、中抜け、早退を繰り返し、仕事中も「二人はご飯食べた?」なんて自宅にいる姉(アジェー)に電話して確認したり・・どうなのよ。
さすがにボスに言い訳がたたなくなったのか、空港までの見送りはできなかったらしい。
昨日の午後Horさんに電話したら「さっきまで泣いてた」とセンチメンタルなことを言っていたが、声は元気そうだった。最後に思う存分二人をもてなせて良かったねえ。
091021.gif

話は変わって。ワイ(胸の高さで手を合わせて挨拶をするタイの習慣)について。
「あまり頻繁にワイをするもんじゃないよ」なんて言う人もいましたが、タイで生活していると、する場面はけっこう出くわす。日本人の感覚だと拝まれているみたいで、ちょくちょく手を合わせてもありがたみがなくなる、って感覚なんだろうけど、こちらでは大事な習慣のようです。
学校でもワイをするし、ヨガ(先生は外国人)でもはじめと終わりにワイをする。高級スーパーのレジでも、お会計が終わるとワイをされる。ワイをするとお互いなんだか清らかな気持ちが増すので、すぐに取り入られるいい習慣です。
イラストは、昨日食べきれなかったスナックを道ばたの物乞いの女の子にあげたときのワイ。
無邪気なワイがかわいかったなあ。

メインストリートなどによく物乞いが多いバンコクですが、日本人が小銭をあげる場面は見たことが無い。実際「お金をあげてもその人のためにならない」という考えが大多数でしょう。裏で物乞いを管理したビジネスをしているチンピラの存在もずいぶん有名みたいだし、人のためにならないならやってもしょうがない、というのが言い分。
んじゃ誰がお金を投げ入れるのか、っていうと、それはタイ人なんだろうなあ。

仏教徒のクラスメイト、ジョシィ(オーストラリア人)は手や足の無い物乞いにはすかさずコインを渡していた。「それって仏教のタンブン(徳を積む)ってやつ?」って聞いたら「タンブンは貧乏な人にお金をあげることは含まれてないけど・・」とのことなので、やっぱり情にほだされるのだろうか。
いかにも情にもろそうなHorさんはその手の物乞いにはすぐお金を渡しちゃうタイプです。

インディアン先生

タイ語学校6日目。もうそろそろ限界です。毎回底辺で鬱々しながら授業受けてるんだけど、もうそろそろ、先に進むのはやめようと思っている。
今日は新しいクラスメイト(日本人女性)が加わった。自己紹介して、と促され、タイ語を話す彼女はペラペラの域なんだけど・・
彼女が一言二言しゃべったとたん、先生が「今のはみんなー耳をふさいで!アナタ、要注意人物ね!」と言っていたので、相当悪い言葉使ってたんだろうなー。もー私は全然ついていけないし、余計な単語を増やす余裕もないのでスルーするしかないのでした。
091015.gif

一番好きなヨガの先生です。
日本だとスレンダー美女がインストラクター、というイメージのヨガも、所変われば先生もしかり。
私が行っているホットヨガのクラスは女性の先生はおらず、インド人男が一番多い。インド人の先生は英語が堪能で、タイ語を話さないというのがほとんど。
タパス先生はガリガリにやせてるけど、なんだかセクシー
それにしてもヨガの先生はみんな足裏がキレイです。こっちの生活は一年中サンダルなんで、私の足の裏はすっかりガサガサなんだけどなー。

サービスを売る女性

091009.jpg


昨日から1ヶ月休んでいたタイ語学校を再開。
1ヶ月振りとはいえ、なんだか新鮮〜。休んでよかったわ!
学校のことはまたあとで。

今日はHorさんがソイ13にある飲み屋に連れてってくれました。
飲み屋って言っても、女の子がズラリと並んで指名を待っている場所なので、軽く言っちゃえばガールズバー。実際は交渉バーってとこなんだけど。
Horさんは私にタイ語の会話練習をさせるために連れて来てくれたんだけど、金にならないような私が商売の邪魔もできないので、Horさんの知り合いの女の子とちょっとお喋りさせてもらうくらいにしておいた。けど、タイ人の友達がほとんどいない私にとっては有り難いことです。
確かにここに来ておしゃべりする程度なら、酒代(ビール小瓶90B〜)で済むんだから、都合良く会話練習の場としても使うのもアリですなー。
ちなみに、お持ち帰りなどの値段はすべて交渉制。相場としては一晩3000Bで、プラスホテル代が500バーツ程度とか。日本の値段がわからないので、安いんだか高いんだかサッパリです。
周りの客は見たところ日本人率が80%くらい。さすがに女性客はいなかったけど。このお店の女の子たちはカタコトの日本語くらいはできそうだな。

さて、私たちが座ったのは、中央のカウンター席。相向かいに座ったのは年の離れた日本人男性二人。一人の女の子を連れて来てポップコーンを食べさせながら何やらおしゃべり。しばらくすると、交渉決裂したのか二人の男性は彼女にカオパットを振る舞って去って行ったのでした。
一人残った彼女にすかさず声をかけるHorさん(←基本的に遠慮がちな性格なのにこーゆう物怖じのしなさは本当に天性のものだなあ)。
どうやら、日本語を話せるタイ人の女の子を社員スカウトをしにきた日本人だったとか。ということは、彼らは上司と部下の関係だったのか。いろんなお客さんがいるもんだ。
彼女は他の仕事で、時間がないという理由で断ったと言っていたが。
にしても、こんなところでヘッドハンティングする日系企業なんて本当にあるんかいな。
とも思うけど、ここバンコクだとそんなこともあるんだろうなーとも思ってしまう。

散髪の値段

091007.jpg
昨日はHorさんと近所のいつもの店へ。
バンコクの庶民的なお店って、そのお店のものを頼めば大抵持ち込みOK。
意外とこーゆう習慣がありがたい。
HorさんがSoi3で買ったインド料理の肉巻きラップ(名前忘れた〜。1本80Bだって)を持って来てくれたので、ビールとソムタムだけ頼んで、居座った。

このいつものお店、最近繁盛してる。
いつ行っても働きっぷりがいい若い男の子。愛想がないところが好き。
すっかり顔なじみです。
日曜日行ったとき、爆発寸前のマシリトヘアで、視界に入るだけで吹き出してたんだけど、
昨日行ったら、サッパリ・・(とまではいかないけど)!
「髪切ったんだー!」と言う私にえへへ、と照れ笑い。
近所のお店で80Bだって。
日本人が行くお店は日本人美容師のカットで600B〜くらい。

今日はビザ更新でした

091006.jpg

今日はビザ更新をしてきた。
2時間くらい待った。

今日は好きなヨガの先生その1。
ホットヨガのナビン先生はネパール出身。バンコクに来て2年とか?
顔が中華系。身長が私よりなくて、ちっさいおっさんです。英語のみ。
時間は必ず守るし、すっぽかしもナシ。
最近、私のポーズを直す力が強いです・・
すっかり馴染みの生徒になった証拠かなー。
嬉しいけど、本当に痛い!!

はじめの一枚

091005.jpg

バンコクに引っ越しして9ヶ月。
ようやくブログを作りました。

今日の一枚。ホットヨガのラナ先生。
今月からヨガの時間割が大きく変わって、お気に入りの先生のクラスに行きにくくなった。かも?
ラナ先生の汗はドカドカ流れていました。近くに来ると外国人ならではの強い香水の香りが。
ストイックなイメージだけど、内面からでる紳士な優しさが好きです。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。