So-net無料ブログ作成

数字に強いぞ、タイ人!

takarakuji.jpg携帯を持つくらいからすっかり電話番号を覚えなくなりました。
と同時に数字を頭に入れるのがまったく出来なくなりました。
タイで使う自分の携帯番号も使い始めてから1年くらい経ってやっと暗唱できるくらい、数字を覚えるのが大変です。
携帯の普及具合は日本と変わらないくらいのバンコクですが、ときどき感じるのはタイ人、数字覚えるの得意なんじゃないの?ということです。

引っ越しした先の一人暮らしの部屋番号は307号室。引っ越ししてすぐの宝くじ当選日後のことです。
「チナー!あなたの部屋、307だったわよね?あーん、もー、この数字で宝くじ買えばよかったわー!307が今回の当選番号なのー!つーことは、アナタの部屋はラッキールームね♪」と言われ、まあ悪い気はしないがそれがどうした、なんて思っていた翌日も別のタイ人から「あああ、チナツの部屋番号の宝くじ買っておきゃあよかったよおおお。ちくしょー!」と私の顔を見るなりこの第一声でした。というわけでタイ人と数字はとっても生活に密着してるみたい? 以前私が買った宝くじを随分長いこと財布に入れっぱなしで、もう当選番号の発表も前々回くらい・・もう今更調べようないかも・・なんて諦めていたら「この数字、当たってないよ」とアッサリ前々回の当選番号まで頭に入っているタイ人。さすがです。
まあ月に2回ある宝くじ一つとってもこんなに大騒ぎなタイ人ですが、数字の暗唱も得意なような。
バンコクのスーパーや大型チェーン店にも浸透しているポイントカード。買い物する際にレジで提示してカードをスキャニングし、ポイントを貯めてもらいます。でもそのポイントカードを持ち合わせてなかったりしたら、タイ人はレジで自分のカード番号をスラスラと暗唱してレジの人に伝えているじゃああーりませんか。何度となくそんな場面を見てるし、レジ側の人も当たり前とばかりに数字を打ち込んでくれます。バーコードくらいの長さだから、軽く10桁以上はあるんだけど・・タイ人は持ってるカードの数だけ数字覚えているのか? 商品のバーコードも読み取りにくいとレジ係はスキャンをアッサリ諦めてその数字をキーで打ち込むことも多いです。そして間違えることも見たことないくらい慣れた数字のキー打ち込み。
フィットネスでもヨガ会員であることを提示するのに会員番号を口頭で言わなきゃいけないんですが、たった6桁の番号をカウンターで言うだけでも最初のうちは私にとっては覚えるのが大変。更新するたびに会員番号変わるし・・! つか数字を口頭で言わせる場面って日本じゃありえなかったと思うんだけど。でもそれが普通に受け入れられてるタイ社会。

こんなに携帯のメモリー機能が当たり前な時代なのに恋人や夫婦間の携帯番号だけでなく、近しい人の携帯番号もアッサリ暗唱できたりするタイ人もいるし・・少し見習いたいところです。ちなみに自分の携帯番号はなかなか覚えなかった私ですが、バンコクに暮らすようになって、自分のパスポート番号はけっこう早い段階で覚えました。
にしたって現代社会は銀行口座のピンコードや、webログインのパスワードなどなど・・覚えなきゃいけない数字が多すぎて少々生きにくい世の中です。
でもそんな世の中にも強そうだぞ、タイ人!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。