So-net無料ブログ作成
検索選択

エロとボカシのライン

今年こそは年賀状を・・と思って、2月9日。西暦の新年が無理だったので、中華正月には間に合わせようと思い、また間に合わず、、、じゃあ次はタイ正月までには・・
そんなわけでバンコクの住所にまで年賀状をくださった方にもあえてメールなどでも連絡してないのですが、無事届いています。今年中に(?)年賀状お返事しますんで!!
-------
先日、いつものバンコク旅行者、今年初来タイのノリさんと2ヶ月ぶりの対面。このノリさん、Horさんの日本人友なんですが、この時期肝心のHorさんはパタヤに出稼ぎ月間なので、バンコクに住む日本人数にでノリさんと食事しました。
そこでしばし盛り上がった日本のAV談義。ノリさんとHorさんはかれこれ7〜8年前からの付き合いらしく、私たちよりずっと前から Horさんの友人です。その知り合った当初、Horさんがノリさんにぶつけた素朴な疑問「なんで日本のAVはモザイクかかってんの?!」
まあ、それは日本が決めた規制だから・・ということになってしまいますが、タイにはそもそも表で出して売れるエロ系の本もビデオも無いと思われます。確かにあるところにはたくさん売っているけど、それはすべて違法なのかな。書店の本に女性の乳首が出ている写真はまずないはず。それに比べて日本のコンビニは成人指定書籍にシールが付けられるようになったのも最近だし、そもそもコンビニに成人用の本を棚に分けるほど売っているんだもんね・・。こんな身近にエロ本やエロDVDなんかがあふれているのは実は異常な国なのかもしれません。
と言っても世の男性は普通にそーゆーメディアを手に入れるもの。ここタイではこっそり売られるDVDを購入するわけですが、日本からのものはすべてモザイク入り。しかしアメリカやヨーロッパ系、そして国内モノ、東南アジア系から流れてきたのはそーゆーものは無い、ということ(たぶん)。というわけでHorさんのような素朴な疑問に行き着くわけです。
そしてさらに日本ならではのAVになるとそのフェチの幅の広さ多様さ。なかなかエグい表現になってしまうので、各人ご想像を。いわゆる一般人には全く理解できないようなシチュエーションやらフェチに絞ったエロ系ソフトは多いと思われる。
わかりやすい例でいうとSMなどはタイ人には理解不能なんだとか。あんな人を痛めつけるような(痛めつけられて快感を感じる)表現は理解不可能、ということになるらしい。
バンコクやビーチリゾートによくあるストリップ小屋のようなゴーゴーバーにはSMショーのまねごとをしたようなものもあるけれど、実際演じているタイ人には白人や日本人から好まれるショーだからやってるけど、これにエロティックさを感じるってワケわかんない!と思いながらやっているのかも。
コスプレなんかは今は世界に認知されているけど、制服系(女子高生やらナースとか)のAVなんて日本特有のエロス感覚から出発した分野では?タイ人からしたら「コスプレのどこがエロいの?」というのが一般的でしょう。
そんな細かいバリエーションをいちいち作って販売する日本のメーカーの発想と企画力はたぶん世界一。見てなくてもわかる。想像つく。
そんな様々あるクセものエロDVDを見たタイ人は「なんで日本人はこんなことをするのが好きなの!? みんなこんなことしてるの??」となってしまうわけで、きっとその世界をのぞいたタイ人には日本人総変態論でも出来上がってると思われます。ああ恐ろしい。日本人が「そんなことやってる人は実際いるわきゃないでしょ!これはDVDの世界だから!」と反論したところで、なんとも説得力はないでしょうなあ・・実際日本人はきっと世界から見たら変態寄りだ・・。
それでも日本のエロDVDがタイでも求められるのはのは女優さんの美しさとか、作品性の高さなんでしょうかね。この分野でもジャパンクオリティは世界に通用していますよ!
余談ですが、今はバンコクでもモザイクを消せる技術が出ている、と噂も。今更バンコクではモザイクかかってるエロDVDなんてないんじゃないかな、ととも思う。
110209.gif

話は変わって、タイにボカシ、モザイクの習慣はないのか、というとそれは間違いです。日頃テレビを見ていてもびっくりするほどボカシで出くわすことが多いタイメディア。その映像の規制でいえば日本よりずっと厳しいです。まずタバコがNG。成人が吸ってようが、人形が吸ってようが、タバコには全ボカシ。口元からモクモクと煙が立っているのが見えてもくわえてる口からタバコ全ボカシ。
そして武器類もほぼボカシ。アクション映画でもボカす。ピストルも刃物もボカシ。 友人が言っていて笑ったのが、日本の「料理の鉄人」の再放送をタイのテレビをやっているのだが、包丁が全部ボカシが入っていて、包丁の周りにある食材も見えなくて意味わからん!と。それ、タイで放送する意味あるのか? ちなみに映画は年齢制限がしっかりしているので、すべての裸や武器がボカシがかかることはありません。
つくづく日本の基準が世界の基準とはかけ離れていると思わされる日々です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。